銀行口座の作り方

今回は渡航後に必要となるドイツ国内の銀行口座開設についてお話します。

住民登録後、住民登録証明Meldebescheinigungを持って銀行に行くと銀行口座を開設できます。

30才未満で学生の方は学生口座を作ることができると思います。
学生口座は維持手数料がかかりません。
年齢制限は銀行によって違うようです。

しかし、私は30オーバーのため、口座維持手数料がかかるものばかり。

そこで、私はドイツの維持手数料のかからないネットバンクを申し込むことにしました。

ドイツの主なネットバンクは
Norisbank, Comdirect, N26など

N26は英語もしくはドイツ語でしたらスマホでのビデオチャットのみで本人認証できます。

コミュニケーションに自信のない方は、どのオンラインバングもPostidentという郵便局が提供している本人確認サービスを使うことができますので、対面で本人確認をするのが楽かと思います。
なお、Postidentでは、日本のパスポートから出生地を読み取ることができません。口頭、もしくは書面で出生地を伝える必要があります。その点だけご注意ください。

このN26ですが、ベルリン発のベンチャー企業らしく、スマホ中心に全てできるように上手く考えられています。また、Mastercard debit, Maestro も無料です。現金での入金に手数料がかかるのが残念ですが、他の口座から振り込んで使う、給与振込口座として使う、などの方には最適です。振込手数料もかかりません。

ドイツへ留学している方にはぜひおすすめします。

余談ですが、ドイツの口座にお金を送る方法としては、Transferwiseというサービスを使うと国際送金より安く送ることができます。